スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓良ければClickお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[ --/--/--] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やさしい忘却

何かを忘れ去りたいときそれは、その思いに対して終止符を打つということである。それが悲しみのためなのか怒りのためなのかそれとも、自分にとっての利益のためなのか、他人にとって喜ばしいことだからなのか、宿命だからなのか、自分が前進するために必要な犠牲だからなのか…
他人は決してそれらを理解することは出来ないだろう。



何故ならそれは想いに終止符をつける人とその想いを告げられる人のみが知るかけがえのない想いの果てだからである。



やさしい忘却


・歌 茅原実里

・作詞:畑亜貴

・作曲:伊藤真澄

・歌詞原案:谷川流



望むことは何? 私が追いかける
何もいらない 嘘ではなかった
消える世界にも 私の場所がある
それを知らない 自分でさえも

閉じ込めた意識は 時を結び
出会いを繰り返す また会うまで
忘れないで…

めぐる日々の中 私に残るのは
記憶、それとも忘却だろうか?
やがて世界には 眠りが訪れて
一人ひとりの 明日に帰る

選ばれた未来を 見送る扉
願いが叶っても 忘れないで
忘れないで…

消える世界にも 私の場所がある
それを知らない 自分でさえも
思い出すまでは



__________________________________

皆さんお元気でしたでしょうか。いつもこんなブログでも見てくれる人が居て私は感激のあまりむせび泣いてしまいそうです。さて前置きが長くなってしまいましたが、私は今日友人達と『涼宮ハルヒの消失』を見てきました。

チケットの半券を見ると印刷切れで「スズミヤハルヒノシ」と中途半端で表示されていて(涼宮ハルヒの死って・・・・)とちょいと不安な空気になりましたが、まぁそんなことはおかまいなし。早めに行ったのが功を奏して
見事にセンターど真ん中の席をGETすることが出来ました。まぁガラガラだったですよええ。そりゃあ公開されて結構経ちましたしね。けど明日からフィルムプレゼントが始まりますからまた来場者が増えるんでしょうね。

僕は原作はすべて読破済みでアニメも、もちろん笹の葉ラプソディもちゃんとチェックしてあったので変に迷うこともなかったです。

まずこれだけは言える!


おもしろい



それはもう僕がハルヒ好き(キャラとしては長門が好きですけど)だからとかそう言うのもあるでしょうけれどもストーリーも原作を忠実に再現しながらも各声優のアドリブやカメラ構図、風景や小物に至るまで全て丁寧に作り上げられていてなんだかんだでアニメ2期をを延期したり消失の公開を先送りにした理由がなんとなくですけど分かる気がしました。

特に感情を持った長戸の描き方や、キョンが慌てふためいて動揺するシーンや、自分が元居た世界のほうが好きだったと気づくシーンなど人の感情が思いっきりのびのびと描かれていて見ていて感情移入もしやすかったですし、
特に、キョンが本に挟まっていたしおりを見つけたときは本当に興奮ものでした!鳥肌が立ってしまいました。
(計三回立ったんですが、後2回はキーをそろえた時とやさしい忘却が流れた時ですね)

前述したんですがやさしい忘却は本当に長門の心の想い、人間としての一面と情報統合思念体としての観測者としての立ち位置で揺らいでる様子、それら苦しいことをやさしく包み込んでがもの凄く描かれていてせつなくなりました。
本当に辛い事でもやさしく忘却してくれるそんな長門の存在の大きさかけがえの無さ、そう言う物がひしひしと伝わってきました。まるで



掌に舞い降りた一片の雪の結晶のように淡くて脆くすぐに溶け去って水に変わってしまうような…そんな儚さをかもし出す液体ヘリウムのような目を持つ文学好きな少女の等身大




まぁ要するに歌自体がまんま長門だったって事ですよwははw

本当におもしろかった。最高としか出てこないです。あえて苦言を呈するなら公開をジャスト12月にしてほしかったというところですかね。作品を作るうえで丁寧で遅くなら誰だって出来ることなんですよ。それを手早くやれると最高ですよね。クリスマスってのも2ヶ月も前ならなんかいまいちぱっとしないですからね。


それぐらいです。と言うか私如きの人間がこの作品を評価すること事態おこがましいと言うものです。
スピルバーグに映画の撮り方を教えてあげるよ!と言ってるようなものですからね。

とにかく面白かった。お金以上の価値はあったと思います。何回も見る映画ではないですけどね。
リピーター特典とかあるらしいですけど
(角○の商法は本当にくそですね。あのねに匹敵するアレがありますね。消費者をなんだと思っているのか!許せん!
まぁ金を持つ家畜ぐらいにしか思ってないんでしょうね。けどねキャラ萌えとかで映画見てないやつも居るって事を分かるべきですよ。うん。)


と言うわけでやさしい忘却-sonority-です




みなさんも聞きほれると思いますよ。茅原さんの歌い方も良いですよね。歌うと言うよりは詩や想いを語りかける
ような気がします。



【OMAKE】

こんなこともありましたね…
涼宮ハルヒの憂鬱



長文ですみませんね;^~^


尾張
関連記事

↓良ければClickお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2010/02/27] アニメ・漫画 | TB(0) | CM(1)

No title

俺の個人的な嗜好だけど、エコーがかかりすぎて聞こえたのが残念。
ないのもあれだけど、劇場での聞こえ方は、よかった!って感じではないなあ。
静かだけど、思いがあるっていう雰囲気を俺が感じるにはそのほうがよかったかなあ。
もしかしたら、映画館的な問題なのかもしれないけど。
[ 2010/02/27 18:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oregail.blog50.fc2.com/tb.php/234-867380d1








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。