スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓良ければClickお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[ --/--/--] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FF13を個人的に批評してみる

【FF13について個人的に批評してみる】

FF13が発売されてそろそろ1週間近くが経つ。ここらで個人的にFF13を素人ながら批評してみたいと思う。
もちろん素人なのでFFシリーズはチョコボの知識とそれからFF7を少しと言った程度なので長年のファンの方からは怒号が飛び交ってしまっても仕方がないと思っている。それでも見たい方は是非続きからどうぞご観覧くださいませ。
今回はFF13の批評と言う事でズバリ簡単に悪い点良い点それから総評を書きたいと思います。
※なお、かなりの主観で書くと思います。




【悪い点】

・途中まで一本道であるにも関わらず、ステージが無駄に長い点

・道中のザコ敵が異常に固かったり、体力がありすぎて倒すのに10分や20分はザラと言う点(後半になるほど固いしそのせいで詰む可能性あり)

・キャラが少々痛いと言うかナチュラルでは無く演劇を見ているようなセリフ回し、映画っぽい。RPGなのにこれじゃあ自分が主人公に感情移入、投入みたいなものが出来ない。

・敵が強くなったことに対しての対抗措置の数々(謎解きが99%無くなった、戦闘終わるごとに体力全回復、MP概念が無い、セーブポイントで武器やアイテムなどが買える、等)

・何回な語句や設定、一度聞いて理解出来るものでなく、Tipsなどをみてようやく理解出来るレベル(コクーンのファルシはエデンにあり、パルスのファルシのルシと接触したものはパルスにパージさせられる。)
・ヴァ○ラが狙ったようなかわいさ(ぶりっ子的な何か)を醸し出している。

・スノウが最初にやたら守る、守ると連呼し過ぎ、と言うか脳筋っぽさを出し過ぎ。(きっと正義を貫くいまどきめづらしい熱血的なキャラにしたかったんだと思うがちょっと失敗してる)

・ホープのへたれさ、セリフの一言一言に重みを感じない場面がいくつか存在する、例:11章のファルシを止める際に出てくるジャガーノートに対していきなりでてきたのにも関わらずまるで人事のように「頑張れ」と言う。
もう少しで死ぬところだったのにそれはないだろ・・・


【良い点】
・召喚獣のカッコ良さ。ドライブモードにトランスフォームする時のエフェクトや派手で強い攻撃の数々

・エンカウントがアクティブエンカウントなので敵に触れさえしなければ戦闘を回避することが出来る。

・戦闘やフィールドを盛り上げる音楽の数々

・クリスタリウムを使ってのキャラクターの育成(自由に自分で能力を育てられる)

・アタッカー、ディフェンダー、ジャマー、ヒーラーなど役割で作戦を決められる点戦闘の新システム

・ブレイクした敵を叩きまくる爽快感!

・なんといってもBD泣かせの総容量40G近く使ったグラフィックのダイナミックさ。

・11章からの神的展開!

【総評】
今までのFFが好きと言う人は多分このFF13と言う作品は超絶好きになるか嫌いになるかどっちかだと思う。
これが初めてと言う人は他のFFシリーズをプレイしたときにとてつもない違和感に襲われること間違いない。
特に今回気になったのは戦闘においてのザコ敵の冗談じゃない強さ。(11章のあのデカい亀や坑道に居るジャガーノート。普通に戦闘するだけで負け確定イベント?と思わざるをえない敵が存在する。他にも中盤なのにエアロガを連発してくる強敵やバリアを持っていてブレイクしないとろくにダメージを与えられない敵等)まぁまとめると”売上に見合うだけの楽しさはある”とだけ言っておきましょうかね。

~OMAKE~

091225 012247.390

本当にBD泣かせやでぇ・・・

尾張

関連記事

↓良ければClickお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2009/12/25] Game | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oregail.blog50.fc2.com/tb.php/228-63e88804








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。